男性不妊の原因や種類

男性不妊にはどのような種類があるのか

男性不妊の種類は大きく分けて4つの症状、病状に分けていくことができます。不妊の約9割を占めるといわれている造精機障害、あとは性機能障害や精路通過障害、副性器障害の4つです。
造精機障害とはその名の通り、精子を作る過程で何かしらの障害がある状態、つまりうまく精子が作り出されない状態をさします。
それに対してその他の障害は精子自体は作られているのに、それを通す精路が詰まっていたり、炎症を起して、さらにはメンタル面でのダメージが影響してうまく機能をはたしていない状態を指します。
どちらの場合も不妊の大きな問題となっていくので、できるだけ早い段階で専門の治療を受けていく必要があるとされています。

主な原因として考えられること

これらの不妊の症状、実はその大きな原因となっているのは女性の場合と同様、遺伝的な体質、そして成長過程での心因的、外因的な刺激による影響が考えられます。
ちょっとしたことをきっかけに、女性でなくてもこうした不妊の症状を引き起こすことがあるのです。さらに、男性の場合はストレスや精神的な問題で生殖機能に問題が出てきてしまうこともあります。
これは女性のケースとはまた違い、個別のメンタルケア、治療が必要になってくることもあるのでより慎重に取り組んでいかなければいけません。
もしも何かしらの症状が当てはまる、もしくは何かしら身に覚えがあるという人はこれを機会に専門医の検査、診察を受けてみてはどうでしょうか。


バイアグラは市販できるか否か